150410

TAICOCLUB’15 The 6th Line-up

2015.04.10


TAICOCLUB’15 2015年5月30日(土)- 5月31日(日)
at 長野県木曽郡木祖村「こだまの森」

 
SOHN・Thieves Like Us・MOODMAN & PLAYERS・Nick The Recordの出演が決定!!さらに、Red Bull Music Academy Stageには砂原良徳・Yosi Horikawa・Albino Botanicの出演も決定。

インディR&Bの新星にして、名門レーベル”4AD”が放つ新たな才能として注目を集めるSOHN。現在はウィーンを拠点に活動しながら、BANKSや Kwabsの楽曲プロデュース、Lana Del ReyやDisclosure、Rhyeなどのリミックスを通じて、インディー、ソウル、エレクトロニック…と、ジャンルを横断する活躍をみせてきた。昨年リリースされたデビュー・アルバム『Tremors』も秀逸。エレクトロニックなライブパフォーマンスにも定評のある彼の歌声が、こだまの森に染み入ることだろう。

New OrderやDepeche Mode直系のニューウエーブ~エレクトロポップスタイルで、多くの良作を生み出してきた多国籍バンドThieves Like Us。エレクトロなダンストラックから哀愁80’sな楽曲で、“kitsune”や“Captured Tracks”といった名門レーベルから多くのアルバムをリリースしてきた。紆余曲折を経て現在のスタイルを確立した彼らのライブは必見です。

事件!!!!!ニックとともに初回から毎回連続出演と、タイコクラブがMAXリスペクトするMOODMANがなんと、TAICOCLUB10周年を記念し(感涙)、MOODMAN & PRAYERSとしてDJ中にLIVEパフォーマンスを披露!!!メンバーはMC.sirafu(片想い、ザ・なつやすみバンド)、中川理沙(ザ・なつやすみバンド)、村野瑞希(ザ・なつやすみバンド)、Dorian、浅野達彦、and more…?。絶対見逃せないぃーー!!!

今年もMr.After Hours、TAICOCLUB10年目となるNick The Recordの出演が決定!

そして、今年もRed Bull Music Academyとのコラボレーションによるステージが登場!!

電グル~ソロと今もなお唯一無二のサウンドを表現する砂原良徳がアンビエントライブセットを披露。

Red Bull Music Academy卒業後も国内外で様々なフェスやジャンルレスなコラボレーションで幅広く活躍するYosi Horikawa。

昨年のRBMA TOKYOでは応募者総数6000人以上の中から選ばれた60名の参加者のひとり、Albino SoundがAlbino Botanic(Albino Sound+Sayaka Botanic)として出演。

– 出演アーティスト

*- Autechre (UK)
*- cero (JP)
*- clammbon (JP)
*- Clark (UK)
*- cro-magnon (JP)
*- EGO-WRAPPIN’ (JP)
*- Electric Indigo (AT)
*- ハンバートハンバート (JP)
*- クボタタケシ (JP)
*- Marcel Dettmann (DE)
*- Monolake (DE)
*- MOODMAN & PLAYERS (JP) (new)
*- Nick The Record (UK) (new)
*- Nosaj Thing (US) +Daito Manabe (JP)
*- レキシ (JP)
*- Radio Slave (UK)
*- ROBERT GLASPER EXPERIMENT (US)
*- SOHN (UK) (new)
*- Sons of Magdalene (US)
*- Sugar’s Campaign (JP)
*- Svreca (SP) × Pedro Maia (DE) × Yuriko Shimamura (JP)
*- Takkyu Ishino (JP)
*- The Kite String Tangle (AU)
*- Thieves Like Us (DE) (new)
*- YOUR SONG IS GOOD (JP)

and more…

– Red Bull Music Academy Stage

*- 砂原良徳(Ambient Live Set) (JP) (new)
*- Yosi Horikawa (JP) (new)
*- Albino Botanic (Albino Sound+Sayaka Botanic) (JP) (new)

and more…

 
MORE INFO: http://taicoclub.com/15/line-up/
 
– チケット販売に関して

MORE INFO: http://taicoclub.shop-pro.jp/

テント利用券
販売期間 7/18(金)から販売中 テント1張につき2,000円。
※ 数名でテント1張を共有する場合、利用者全員がテント利用券を購入する必要はありません。
※ テントの貸し出しはおこなっておりませんので予めご了承ください。
※ テントをご利用になる場合は必ず1張につき1枚テント利用券を併せてご購入ください。

カテゴリー4
販売期間 12/1(月)から販売中
前売券 13,000円
前売臨時駐車場 駐車券 3,000円/1台
前売場内駐車券 3,000円/1台

当日券 14,000円(前売券完売の場合、販売無し)
※ 全て税込

バスツアー
2月20日(金)18:00より、以下サイトにてお申込みがスタート致しました。
バスチケットと併せ、入場券/テント券のお申し込みも可能です。

お申込みはこちら>> http://entame.knt.co.jp/2015/taico/

|| 東 京 || 8,300円
|| 名古屋 || 8,200円
|| 新大阪 || 9,900円
|| 京 都 || 9,900円
※ 全て税込

※既にチケットをご購入済みの方は、バスだけのお申し込みも可能です。
※ 5月21日(木)18:00締切とさせていただきます。

フェスティバル、バスツアー等の詳細に関しましてはメーリングリスト、InstagramLINE@FacebooktwitterGoogle Plusにて随時お知らせいたします。


 
– MOODMAN & PRAYERS

事件!!!!!ニックとともに初回から毎回連続出演と、タイコクラブがMAXリスペクトするMOODMANがなんと、TAICOCLUB10周年を記念し(感涙)、MOODMAN & PRAYERSとしてDJ中にLIVEパフォーマンスを披露!!!メンバーはMC.sirafu(片想い、ザ・なつやすみバンド)、中川理沙(ザ・なつやすみバンド)、村野瑞希(ザ・なつやすみバンド)、Dorian、浅野達彦、and more…?。絶対見逃せないぃーー!!!

 
 
– Nick The Record

2015年の出演も決定し、ついにTAICOCLUBへ10年連続の出演となったNick The Record。Mr.After Hoursの彼が今年も皆さんのTAICOCLUBを最高の形で締めくくってくれる事でしょう。あの時間を楽しみに今年も是非こだまの森へ。

 
 
– SOHN

インディR&Bの新星にして、名門レーベル”4AD”が放つ新たな才能として注目を集めるSOHN。現在はウィーンを拠点に活動しながら、BANKSや Kwabsの楽曲プロデュース、Lana Del ReyやDisclosure、Rhyeなどのリミックスを通じて、インディー、ソウル、エレクトロニック…と、ジャンルを横断する活躍をみせてきた。昨年リリースされたデビュー・アルバム『Tremors』も秀逸。エレクトロニックなライブパフォーマンスにも定評のある彼の歌声が、こだまの森に染み入ることだろう。

 
 
Thieves Like Us

New OrderやDepeche Mode直系のニューウエーブ~エレクトロポップスタイルで、多くの良作を生み出してきた多国籍バンドThieves like us。エレクトロなダンストラックから哀愁80’sな楽曲で、“kitsune”や“Captured Tracks”といった名門レーベルから多くのアルバムをリリースしてきた。紆余曲折を経て現在のスタイルを確立した彼らのライブは必見です。

 
 
– 砂原良徳(Ambient Live Set)

電気グルーヴに91年に加入し、99年に脱退。電気グルーヴの活動と平行して行っていたソロ活動では、ACOのシングル「悦びに咲く花」、映画「ピンポン」の主題歌となったスーパーカーのシングル「YUMEGIWA LAST BOY」などのプロデュースや数多くのCM音楽などをを手掛ける。2010年4月には元スーパーカーのいしわたり淳治とのユニット<いしわたり淳治&砂原良徳>を結成し、相対性理論のやくしまるえつこをボーカリストに迎えてシングル「神様のいうとおり」をリリース。7月にはソロ名義のシングル「subliminal」をリリースし、2011年4月には10年振りのオリジナルアルバム「liminal」をリリースした。今回は貴重なアンビエントライブセットを披露する。

 
 
– Yosi Horikawa

環境音や日常音などを録音・編集し楽曲を構築するサウンド・クリエイター。2011年 Red Bull Music Academy、2012年にSónar Barcelona に参加。同年6月、EP”Wandering”をリリース、Time Out Tokyo誌においてその年のベストアルバムに選出される。2014年にはLAの LOW END THEORY、NY の Red Bull Music Academy festival、そして世界最大級のフェスティバル Glastonbury festival に参加。日本科学未来館におけるiPS関連の常設展示でのサウンド全般を担当する等、多方面で活動中。

 
 
– Albino Botanic (Albino Sound+Sayaka Botanic)

2013年に即興演奏のグループとしてスタートし、2014年以降は梅谷裕貴のソロ名義となる。昨年の秋に行われたRed Bull Music Academy Tokyoに6000人を超える応募者の中から選ばれて参加する。クラウトロックやニューエイジなど70年代の実験的な音楽や現代のベースミュージック、エレクトロニックなどに根を張り、”イメージのスポーツ”と称したビジュアル度数高めな音楽を表現している。今回のパフォーマンスでは東京を中心に活動するエクスペリメンタルノイズデュオ Group AのSayaka Botanicを迎え、この日限りのアンビエントセットを披露する。