5th

TAICOCLUB’15 The 5th Line-up

2015.03.24


TAICOCLUB’15 2015年5月30日(土)- 5月31日(日)
at 長野県木曽郡木祖村「こだまの森」

 
clammbon・Electric Indigo・ハンバートハンバート・The Kite String Tangleの出演が決定!!

今年で結成20周年をむかえ、昨年よりアニバーサリー企画を展開中のclammbon。2013年のTAICOCLUB初出演時には野外音楽堂を満員にし、多くの観客がclammbonの世界へ引き込まれた。2年振りの”こだまの森”はどのような物語が描かれるのだろうか。

キャリア20年以上を誇る大ベテランであり、Female DJの草分け的存在のElectric Indigo。90年代はベルリンのレコードショップ“Hard Wax”でショップマネージャーを務め、2000年にはRed Bull Music Academyの講師をする他、様々なArt活動を続けている。現在はMonolakeのツアー・サポート・DJに指名されるなど、世界中を股にかけ活躍してきた期間は長い。ベルリンの「今」を感じさせてくれるDJに期待は高まる。

叙情的でユーモアあふれる音楽で、幅広い年齢層から支持を集めるハンバートハンバート。その優しく切ない音楽は多くの人達を虜にして離さない。初出演となるTAICOCLUBでのパフォーマンスは必見。

現在、大きな注目を集めるオーストラリアのミュージックシーンから現れた新人”Danny Harley”による音楽プロジェクトThe Kite String Tangle。1st SingleであるGiven the Chanceは大ヒットとなり、一躍トップスターに上り詰めた彼の初来日公演が決定!

– 出演アーティスト

*- Autechre (UK)
*- cero (JP)
*- clammbon (JP) (new)
*- Clark (UK)
*- cro-magnon (JP)
*- EGO-WRAPPIN’ (JP)
*- Electric Indigo (AT) (new)
*- ハンバート ハンバート (JP) (new)
*- クボタタケシ (JP)
*- Marcel Dettmann (DE)
*- Monolake (DE)
*- Nosaj Thing (US) +Daito Manabe (JP)
*- レキシ (JP)
*- Radio Slave (UK)
*- ROBERT GLASPER EXPERIMENT (US)
*- Sons of Magdalene (US)
*- Sugar’s Campaign (JP)
*- Svreca (SP) × Pedro Maia (DE) × Yuriko Shimamura (JP)
*- Takkyu Ishino (JP)
*- The Kite String Tangle (AU) (new)
*- YOUR SONG IS GOOD (JP)

and more…
 
MORE INFO: http://taicoclub.com/15/line-up/
 
– チケット販売に関して

MORE INFO: http://taicoclub.shop-pro.jp/

テント利用券
販売期間 7/18(金)から販売中 テント1張につき2,000円。
※ 数名でテント1張を共有する場合、利用者全員がテント利用券を購入する必要はありません。
※ テントの貸し出しはおこなっておりませんので予めご了承ください。
※ テントをご利用になる場合は必ず1張につき1枚テント利用券を併せてご購入ください。

カテゴリー4
販売期間 12/1(月)から販売中
前売券 13,000円
前売臨時駐車場 駐車券 3,000円/1台
前売場内駐車券 3,000円/1台

当日券 14,000円(前売券完売の場合、販売無し)
※ 全て税込

バスツアー
2月20日(金)18:00より、以下サイトにてお申込みがスタート致しました。
バスチケットと併せ、入場券/テント券のお申し込みも可能です。

お申込みはこちら>> http://entame.knt.co.jp/2015/taico/

|| 東 京 || 8,300円
|| 名古屋 || 8,200円
|| 新大阪 || 9,900円
|| 京 都 || 9,900円
※ 全て税込

※既にチケットをご購入済みの方は、バスだけのお申し込みも可能です。
※ 5月21日(木)18:00締切とさせていただきます。

フェスティバル、バスツアー等の詳細に関しましてはメーリングリスト、InstagramLINE@FacebooktwitterGoogle Plusにて随時お知らせいたします。


 
– clammbon

福岡出身の原田郁子、東京出身のミト、北海道出身の伊藤大助が専門学校で出会い、1995年に結成。シングル『はなれ ばなれ』で1999年にメジャーデビュー。当初よりライヴやレコーディングなどにおいて様々なアーティストとのコラボレーションを重ね、楽曲提供、プロデュース、執筆活動など多岐に渡る活動を続ける。2002年より自身らの事務所『tropical』を設立、また山梨県小淵沢にスタジオの制作、そして近年ではサウンドシステムを保有し全国ツアーを行うなど、バンドとして、独自のスタンスを築き上げている。
今年で結成20周年をむかえ、昨年よりアニバーサリー企画を展開中。5年ぶりとなるオリジナルアルバム「triology」を3/25に発売。6/11仙台より10カ所の全国ツアーも開催決定。ファイナル11/6には初の武道館公演を行う。

 
 
– Electric Indigo

キャリア20年以上を誇る大ベテランであり、Female DJの草分け的存在のElectric Indigo。90年代はベルリンのレコードショップ“Hard Wax”でショップマネージャーを務め、2000年にはRed Bull Music Academyの講師をする他、様々なArt活動を続けている。現在はMonolakeのツアー・サポート・DJに指名されるなど、世界中を股にかけ活躍してきた期間は長い。ベルリンの「今」を感じさせてくれるDJに期待は高まる。

 
 
– ハンバートハンバート

1998年結成、佐藤良成と佐野遊穂による男女デュオ。2001年CDデビュー。フォーク、カントリー、アイリッシュ、日本の童謡などをルーツに、叙情的でユーモアあふれる音楽は、幅広い年齢層から支持を集める。海外の伝統音楽系ミュージシャンたちとの共演多数。テレビ・映画・CM などへの楽曲提供も多く、最近ではCM ソング「アセロラ体操のうた」が話題に。2014年5月、4年ぶりのフルアルバム「むかしぼくはみじめだった」をリリース。

 
 
The Kite String Tangle

現在、大きな注目を集めるオーストラリアのミュージックシーンから現れた新人”Danny Harley”による音楽プロジェクトThe Kite String Tangle。1st SingleであるGiven the Chanceは大ヒットとなり、一躍トップスターに上り詰めた。Adventure Clubなどのアーティストとコラボレーションするなどして、国内外で影響力を拡大している。昨年リリースされたEP「Vessel」はオーストラリアのiTunes Storeにおいて、アルバムチャート第2位にチャートインするなど、今後のオーストラリアシーンを代表するアーティストになることは間違いないだろう。また、映像を含むクリエーションにも注目したいところ。