Christopher Willits

2015.01.26 (Mon) Christopher Willits @ Densho Hall , Shibuya

2014.12.19


サンフランシスコを拠点に活動するアーティスト、Christopher Willits(クリストファー・ウィリッツ)の単独来日公演が決定!!

Daniel Wang、Gold Panda、Matthew Dear、TychoなどTAICOCLUBにも出演したアーティストを擁する、アメリカの名門レーベルGhostly International所属。15年以上に渡る創作活動の中で20を超える作品をリリースしている他、最近ではTychoの最新アルバム『Awake』のマスタリング兼プロダクションを担当。先日リリースされたデラックス・エディションでは、リミックスも行っている。

2014年9月にリリースした『OPENING』日本初公演となる今回の単独公演は、OPENINGの世界観を存分に体感できるよう、ライブハウスやクラブではなく、ホールでの着席ライブ形式にて開催。壮大なヴィジュアルとリンクした演奏は、観る者をより深い感動で包み込んでくれるだろう。

会場は250名限定とし、彼の今までの作品から構成される1st setから『OPENING』の2nd setと続く魅力的なライブに期待は高まる。

OPENING
45分間に及ぶOPENINGは、4年の歳月をかけて制作された7つの映像作品と、2012年に坂本龍一と制作した『Ancient Future』以降に制作された7つの音楽作品によって構成されている。カリフォルニア、ハワイ、日本、タイの各地へ足繁く通い撮影された、BarakaやKoyaanisqatsi、Planet Earthを彷彿させる自然に満ちた映像。演者やセリフは存在せず、観る者と観る者の意識がメインキャラクターとなる。観る者一人一人の想像力は、この作品を自身の経験へと照らし合わせ、各個人それぞれが新しい意味へと昇華していく。また、Christopherが奏でるギターの音は、カスタムで制作したソフトウェアを通じ、数々のラインが互いに織り交ざり、幾層ものリズム、メロディー、テクスチャーへと折り重なっていく。

Christopherは、観る者が心を開き、リラックスしながら新たなものを受け入れ、次の活力へとつながる空間を作りたかったと語る。彼にとってのOPENINGは、長年行なってきた音楽、写真、映像、瞑想に関わる活動の集大成として、音と光を私たちの意識を呼び起こすツールとして使い、自分がなれると信じる自身へ向かい変化していくtransformationの経験と、それに伴う歓びについての作品となった。


MORE INFO: Christophe Willits Official

 
– イベント概要

主催:TAICOCLUB

会場: 渋谷区文化総合センター大和田 6階 伝承ホール
住所: 東京都渋谷区桜丘町23-21(JR渋谷駅西口 徒歩4分)

日時:2015年1月26日(月)
開場:19:00 / 開演:19:30
閉演:21:15(予定)

チケット:2,500円(税込/全着席/限定250枚)

イベントの詳細に関しましてはメーリングリスト、LINE@FacebooktwitterGoogle Plusにて随時お知らせいたします。

 
– 注意事項

・場内は全席自由席(着席)となります。お早めのご来場をおすすめします。
・会場内での飲食・喫煙はご遠慮ください。(※飲食はホールロビーでのみ可能となります。)
・駐車場はございませんので、公共交通機関でのご来場をお願い致します。