150310

TAICOCLUB’15 The 4th Line-up

2015.03.10


TAICOCLUB’15 2015年5月30日(土)- 5月31日(日)
at 長野県木曽郡木祖村「こだまの森」

 
Clark・Radio Slave・Sugar’s Campaign・Takkyu Ishino・YOUR SONG IS GOODの出演が決定!!

昨年末にリリースした最新作も好評なClarkが、2年ぶりとなるTAICOCLUBへの出演が決定!Autechre、Aphex Twinを輩出したレーベル「WARP」の第2世代を代表するClark。21歳でのデビュー以来、コンスタントに作品を発表し続け、その繊細なメロディセンスと卓越したサウンドメイキングは、新世代エレクトロニックミュージックシーンを牽引し続けている。

テックハウスを牽引したRadio Slave名義のみならず、バレアリック・スタイルのQuiet Village、またDJツールとして異例の長期シリーズとなっているCabin Feverなど、多作ながらも高レベルの作品をリリースし続けるRadio Slave。自称「日本オタク」の彼が、初登場となるTAICOCLUBではどのようなセットを披露してくれるのでしょうか。

2015年1月には待望のメジャーデビューを果たした、「Avec Avec」ことTakuma Hosokawaと「seiho」ことSeiho Hayakawaの2人による新世代都市型ポップユニット、Sugar’s Campaign。今後を担っていく次世代の大注目アーティストのパフォーマンスを見逃すな!!

2007年から、2013年の電気グルーヴでの出演も含め9年連続となるTAICOCLUBには欠かす事のできないアーティストの一人、Takkyu Ishino。今年も間違い無く楽しい一夜を演出してくれる事だろう。

ダンス音楽を演奏するインストゥルメンタルバンドの代表格、YOUR SONG IS GOOD。圧倒的なライヴ・パフォーマンスで確たる地位を築き、驚くほどの進化を遂げた彼らのライブを是非とも体感して欲しい。

– 出演アーティスト

*- Autechre (UK)
*- cero (JP)
*- Clark (UK) (new)
*- cro-magnon (JP)
*- EGO-WRAPPIN’ (JP)
*- クボタタケシ (JP)
*- Marcel Dettmann (DE)
*- Monolake (DE)
*- Nosaj Thing (US) +Daito Manabe (JP)
*- レキシ (JP)
*- Radio Slave (UK) (new)
*- ROBERT GLASPER EXPERIMENT (US)
*- Sons of Magdalene (US)
*- Sugar’s Campaign (JP) (new)
*- Svreca (SP) × Pedro Maia (DE) × Yuriko Shimamura (JP)
*- Takkyu Ishino (JP) (new)
*- YOUR SONG IS GOOD (JP) (new)

and more…
 
MORE INFO: http://taicoclub.com/15/line-up/
 
– チケット販売に関して

MORE INFO: http://taicoclub.shop-pro.jp/

テント利用券
販売期間 7/18(金)から販売中 テント1張につき2,000円。
※ 数名でテント1張を共有する場合、利用者全員がテント利用券を購入する必要はありません。
※ テントの貸し出しはおこなっておりませんので予めご了承ください。
※ テントをご利用になる場合は必ず1張につき1枚テント利用券を併せてご購入ください。

カテゴリー4
販売期間 12/1(月)から販売中
前売券 13,000円
前売臨時駐車場 駐車券 3,000円/1台
前売場内駐車券 3,000円/1台

当日券 14,000円(前売券完売の場合、販売無し)
※ 全て税込

バスツアー
2月20日(金)18:00より、以下サイトにてお申込みがスタート致しました。
バスチケットと併せ、入場券/テント券のお申し込みも可能です。

お申込みはこちら>> http://entame.knt.co.jp/2015/taico/

|| 東 京 || 8,300円
|| 名古屋 || 8,200円
|| 新大阪 || 9,900円
|| 京 都 || 9,900円
※ 全て税込

※既にチケットをご購入済みの方は、バスだけのお申し込みも可能です。
※ 5月21日(木)18:00締切とさせていただきます。

フェスティバル、バスツアー等の詳細に関しましてはメーリングリスト、InstagramLINE@FacebooktwitterGoogle Plusにて随時お知らせいたします。


 
– CLARK

昨年末、自身の名前を冠したアルバムをリリースしたClarkが、2年ぶりにTAICOCLUBへ出演決定!Autechre、Aphex Twinを輩出したレーベル「WARP」第2世代の代表アーティストであるClark。21歳でデビュー以来、コンスタントに作品を発表し続け、その繊細なメロディセンスと卓越したサウンドメイキングは、新世代エレクトロニックミュージックシーンを牽引し続けている。Clarkは多作家でありながら、その作品1つ1つがClarkらしい誰にも真似出来ない楽曲となっており、トレンドとは離れた場所で黙々と進化を続けるアーティストである。新たなライブセットを披露するTAICOCLUBでの公演を見逃さないで欲しい。

 
 
– Radio Slave

世界No.1フィメールDJのNina KravizやMr.Gらを擁するレーベルRekidsを主宰し、テックハウスを牽引したRadio Slave名義のみならず、バレアリック・スタイルのQuiet Village、またDJツールとして異例の長期シリーズとなっているCabin Feverなど、多作ながらも高レベルの作品をリリースし続けるRadio Slave。自称「日本オタク」の彼が、初登場となるtaicoclubでどのようなセットを披露してくれるのでしょうか!

 
 
– Sugar’s Campaign

「Avec Avec」ことTakuma Hosokawaと「seiho」ことSeiho Hayakawaの2人による新世代都市型ポップユニット。ゲストボーカルを招く形でポップソングを制作している。岡村靖幸、久保田利伸、トッド・ラングレンや、ポンキッキーズ、90年代アニメなどに強い影響を受け、上質なJ-POP・シティポップを目指し2011年結成。2012年1月、「ネトカノ」を youtube にて公開。すぐさまネット、クラブ、インディーロック界隈をはじめ、各所で話題に。2年の時を経て、2014年月2日に先行でHMV Record Shop渋谷店限定でアナログ盤「ネトカノ」をリリースし、予約完売。9月3日にリリースしたインディーズシングル「ネトカノ」は、タワーレコード全店チャート10位を獲得。待望のパッケージ化によっていまや新たな世代のポップアンセムとなっている。更に、渋谷PARCO主催の女子クリエイターが集まるカルチャーイベント「シブカル祭。2014」のテーマソングにも大抜擢。音楽面だけでなく、カルチャー面からも注目を集めている。11月、初の単独公演「ネトカノリリパ」を開催し、SPEEDSTARRECORDSよりメジャーデビューを発表。ダンスナンバー「ホリデイ」をメジャーデビュー第一弾シングルとしてリリースし、2015年1月21日には待望のメジャーデビュー1stフルアルバム『FRIENDS』をリリース。

 
 
Takkyu Ishino

1989年にピエール瀧らと”電気グルーヴ”を結成。1995年には初のソロアルバム『DOVE LOVES DUB』をリリース、この頃から本格的にDJとしての活動もスタートする。1997年からはヨーロッパを中心とした海外での活動も積極的に行い始め、1998年にはベルリンで行われる世界最大のテクノ・フェスティバル”Love Parade”のFinal Gatheringで150万人の前でプレイするという偉業を成し遂げる。1999年からは1万人以上を集める日本最大の大型屋内レイヴ”WIRE”を主催し、精力的に海外のDJ/アーティストを日本に紹介している。2004年は約3年振りとなるアルバム『TITLE#1』、4月には『TITLE#2+#3』(2枚組)を2ヶ月連続でリリース。その海外編集盤『TITLES』はヨーロッパ・アジア各国でもリリースされた。2005年は4枚目となるDJ MIX CD『A PACK TO THE FUTURE』をリリース。2006年はTOKYO No.1 SOUL SETの川辺ヒロシと新ユニット“InK(インク)”を結成し、オリジナルフルアルバム『C-46』を、2007年にはInKのセカンドアルバム『InK PunK PhunK』を8月にリリース。2010年には6年振りとなるオリジナルソロ作品『CRUISE』をリリースし、2012年7月には1999年より2011年までにWIRE COMPILATIONに提供した楽曲を集めたDisc1と未発表音源などをコンパイルしたDisc2との2枚組『WIRE TRAX 1999-2012』をリリースした。

 
 
YOUR SONG IS GOOD

1998年東京で結成。カクバリズム所属。通称YSIG。サイトウ”JxJx”ジュン、ヨシザワ”MAURICE”マサトモ、シライシ”JICHO”コウジ、ハットリ”SHORTY”ヤスヒコ、タカダ”DAATAKA”ヒロユキ、タナカ”ZEERAY”レイジに、現在、サポートパーカッショニストの松井泉を加えた7人体制。はじまりはパンクロック、今はあえて言うならダンス音楽を演奏するインストゥルメンタルバンド。DIYなスタジオライブから、ライブハウス、クラブ、FUJIROCKグリーンステージ等の巨大野外ロックフェスまで、ジャンル、場所、雰囲気、メジャー/インディ、時間帯、問わず、定評のあるライブを展開中。またオリジナルアルバム、7インチシングル、コンピ等、これまでに数多くの作品を、様々なスタイルと対峙しながら生み出す。も、2013年、これまでのイメージを大幅に更新した異常なるFRESH感搭載のニューアルバム、その名も『OUT』をドロップ。トロピカルなルーツミュージックを大胆に解体、ハウス/ディスコ/テクノ/ベース、また時にポストロック的、もしくはプリミティヴな感覚でもって再構築、オリジナルな生演奏ダンスミュージックへの昇華に成功。Being Borings, LORD ECHO(From NZ)と最高のリミキサー陣を迎えた『OUT』からのアナログ12inchシングルリカットシリーズ(現在まで2タイトルをリリース)も含め、感度良好な音楽愛好家達からの賞賛を浴びつつ、只今、キャリア史上もっとも目が離せないGOD ONLY KNOWS状態で諸々進行中である。WAH!WAH!WAH!WAH!WAH!WAH!WAH!