141017

ハロウィンパーティ@サンリオピューロランド 2nd Line-up発表!

2014.10.17

10月31日(金)一夜限りの
「PINK sensation HALLOWEEN PARTY ~Hello Kitty 40th ANNIVERSARY BASH!~」

 
80KIDZ・SEKITOVA・DJ HELLO KITTYら第2弾出演者発表!

MORE INFO: http://pinksensation.jp/

追加出演が決定したのは、先日4th Albumをリリースし新たな価値観を携えたエレクトロユニット「80KIDZ」、新進気鋭のDJ「SEKITOVA」、そしてDJ Hello Kitty。先に発表したアーティストを含め、普段のピューロランドとは異なる音楽、演出で会場を盛り上げます。

当日は特別にアトラクションの「サンリオキャラクターボートライド」、「レディキティハウス」、を23:00まで(最終入場22:30、レディキティハウスにレディキティは出演しません)、「エンターテイメントホール(ふわふわエリア)」をイベント終了時まで特別運営します。飛んだり跳ねたりして楽しむバルーン遊具「ふわふわ」は、通常、お子様のみの利用可能ですが、10/31に限り大人のゲストの方々へ特別に開放します。

また、イベント開演時にはサンリオキャラクターによるウェルカムグリーティングも実施。グリーティングに出演するのは「マイメロディ」、「ポムポムプリン」、「シナモロール」、「ぐでたま」などの人気キャラクターたち。

このほかにも、ピューロランドで大人気のハロウィンスイーツ「マイメロディのパンプキンカップケーキ」も会場内で限定販売したり、スタッフに「トリック・オア・トリート!」と声をかけると何かいいことが起きるプチサービスも。サンリオキャラクターの世界観に触れ、さらにメルヘンな雰囲気をお楽しみいただけます。

そして、10月31日から11月1日の日付変更時には、今年40周年を迎えるハローキティのお誕生日をお祝いするカウントダウンを実施します。

今回のイベントでは、「TAICOCLUB in Sanrio Puroland pink sensation HALLOWEEN PARTY ~Hello Kitty 40th ANNIVERSARY BASH!~」と銘打ち、「カラー指定のドレスコード」を取り入れ、ドレスコードを「ピンク」に指定。コーディネートの一部にピンクを取り入れて一体感を楽しむも良し、ハロウィンパーティの名にふさわしく「仮装」で楽しむも良し、様々なファッションスタイルでご参加いただけます。

テーマパークと音楽フェスが融合した今までにないファンタジックな空間と演出で、
特別なハロウィンの夜をお楽しみください。

 
– ハロウィンパーティ概要

ウェブサイト
http://pinksensation.jp/
 
アーティスト
DJ TOWA TEI
DE DE MOUSE
Kyoka (raster-noton)
Charisma.com
TOKYO HEALTH CLUB
ALYN
YOSA
80KIDZ
SEKITOVA
DJ HELLO KITTY
and more…

日時
2014年10月31日(金)開場 21:00/開演 21:00/閉演04:30(予定)
※時間変更の場合もございます。

会場
サンリオピューロランド(東京都多摩市落合1-31)
※京王線・小田急線・多摩モノレール 「多摩センター駅」徒歩5分

チケット
一般前売:4,500円/当日:5,500円
Pコード:243-805 http://t.pia.jp/ TEL:0570-02-9999
※全て税込、ドリンク代別

始発電車のご案内
京王多摩センター駅 新宿方面:05:02/橋本方面:04:59
小田急多摩センター 新百合ヶ丘方面:05:14/唐木田方面:05:57
 

– 注意事項
・ 20歳未満の方のご入場は一切お断りさせていただきます。チケットの購入時にはご注意ください。
・ イベント当日、エントランスにてIDチェックを致しますので、パスポート/運転免許証/外国人登録証の他、写真付きの身分証明書をご持参ください。確認できない場合は入場をお断りいたします。
・ 館内は全館禁煙となっておりますので、3Fの喫煙エリアにてお願い致します。
・ 「エンターテイメントホール(ふわふわ)」ご利用の際は、けがを防ぐため、キーホルダー/鍵/チェーン/アクセサリー類は外してお楽しみください。応急処置および保障は行えませんので、予めご了承ください。
・ 出演アーティストの変更等による払い戻しは行いません。
・ 会場への再入場はできません。
・ 食べ物、アルコール類、飲食物の持込はお断りします。
・ 会場には、仮装をするための更衣室はありません。
・ 危険な武器類、長物の持ち込みはスタッフの判断で持込不可とさせていただく場合がございます。
・ 過度な露出の仮装および服装の場合は、スタッフの判断で入場をお断りする場合がございます。
・ 近隣の住民の迷惑になる行為は絶対におやめください。
・ ピューロランドの駐車場は、ご利用頂けません。お車でお越しの場合は、近隣駐車場へお停めください。
・ 以上の禁止事項をお守り頂けない場合や、警備スタッフの指示に従わない場合は直ちに退場して頂きます。その際、料金の払い戻し等はございません。予めご了承ください。

 


 

– 80KIDZ

‘07年1月に結成。自主制作で2枚のMIX CDをリリース後、数々の海外アーティストとの共演を経て楽曲制作を開始。オリジナル楽曲やリミックスがSNSを通じて瞬く間に世界中で話題となり、初期作品集の12”シングル『DISDRIVE EP』(2008/04)は即完売を記録。続く初のオリジナルCD作品『Life Begins at Eighty』(2008/08)はEPとしては異例のビッグ・セールスを記録した。年間ベスト・アルバムの1つとして高い評価を獲得した1stフル・アルバム『This Is My Shit』(2009/04)、CSSのLovefoxxxをフィーチャーした表題曲を含むミニ・アルバム『SPOILED BOY』(2010/06)、iTunesの総合ランキングで1位を獲得する等大ヒットを記録した2ndフル・アルバム『WEEKEND WARRIOR』(2010/10)、ロックとダンスの垣根を越え幅広い層に受け入れられた3rdアルバム『TURBO TOWN』(2012/04)等、順調にリリースを重ね、FUJI ROCK FESTIVAL、ROCK IN JAPAN、COUNTDOWN JAPAN、SUMMER SONICをはじめとするビッグ・フェスに出演。2013年にはダンストラックEPシリーズ『80(ハチ・マル)シリーズ』を始動。2014年9月24に4thフルアルバム『FACE』をリリースした。

 

 
– SEKITOVA

大阪、1995年元旦生まれのDJ/Producer。
生まれる前からJoey BeltramやDave Angelを胎教に、様々なエレクトロニックミュージックに触れ合ってきた文字通りの第二世代。テクノ以外にも様々な音楽に影響を受け、「テクノはジャンルではなくそれと向き合う姿勢の事」を胸に、時に細々としたジャンルの壁を越えていく事もいとわないストーリー重視のDJ。躍進の年となった昨年は「BIG BEACH FESTIVAL」のメインステージを筆頭に「Road to Ultra JAPAN」など数々の舞台に登場。日本初開催となったUltra Music Festival、「ULTRA JAPAN」への出演など、各方面からの期待値の高さを伺わせると共に現在進行形での成長を裏付けた。2012年12月5日に初アルバム「premature moon and the shooting star」を自主レーベルよりリリース。iTunesではエレクトロニック部門でトップ10入りを果たし、ミュージックマガジンが選ぶ2013年ベストチャートのテクノ・ハウス・ブレイクビーツ部門で6位にチャートイン。エレキング編集長の野田努からは「日本クラブ文化の未来の明るい星」と評される、これからに期待の若手だ。

 

 
– DJ HELLO KITTY

2010年10月DJミックスCD『DJ HELLO KITTY IN THE MIX』でデビュー!その後「SMAP×SMAP」に出演し、DJプレイを披露するなど、クラブやイベントだけでなく活躍の場を広げていく。
国内のクラブだけでなく、2012年12月にはタイ・バンコクでもプレイするなど、国境、ジャンルを軽く飛び越え展開中!!世界中を席巻しているEDMムーブメントへの進出を目指し活動中!!

 

 
– DJ TOWA TEI

1994年、『Future Listening!』でソロ・デビュー。楽曲プロデュース、映画音楽制作、CM楽曲制作などのほか、コラボレーション・アイテムのブランディングなど活動は多岐に渡る。 2012年に東京京都にて初個展 『ecollage』 開催。2014年は、ソロ活動20周年となる。2014年、7月23日『94-14 REMIX』、9月3日『94-14 COVERS』&『94-14』を、20周年企画としての3部作リリース。2014年 9月8日-28日まで、EXHIBITIONS『TOWA TEI THINKS PRETTY THINGS』 を丸の内・新丸ビル7F丸の内ハウス にて開催。

 

 
- DE DE MOUSE

織り重なり合う、計算しつくされたメロディと再構築された「歌」としてのカットアップサンプリングボイス。流麗に進む和音構成と相交わりから聞こえてくるのは煌びやかで影のある誰にも真似出来ない極上のポップソング。沁み渡るような郊外と夜の世界の美しい響きから感じる不思議な浮遊感と孤独感は、多くのクリエイターにインスピレーションを与えている。2012年にnot recordsを始動。同年10月にはアートワークのラフから執筆、PVのディレクションまで自身でこなした約2年半ぶり4枚目のオリジナルアルバム「sky was dark」発表。現在、プラネタリウムツアー”planet to planet”を敢行中。

 

 
- Kyoka

現代の実験 ・電子音楽の最高峰としてそびえ立つレーベル”raster-noton”における、初の女性ソロアーティストとして知られる。ベルリン~東京を拠点に活躍。そのポップとエクスペリメンタルを大胆不敵に融合させた、しなやかなミニマル・グルーブは様々なメディアで高く評価され、Sonar Tokyo 2012、FREEDOMMUNE 0<ZERO>ONE THOUSAND 2013 へも出演を果たす。

 

 
– Charisma.com

2011年に結成。MCいつかとDJコンチによるエレクトロ・ラッフ・ユニット。スキルフルないつかのフロウと一度聴いたら耳から離れないエレクトロ・サウント、メロティーかこれまてに無い唯一無二ジャンルを生み出している。2014年2月よりスタートしたPARCO全店のバレンタイン・キャンペーンではメインビジュアル、キャンペーン・ソング提供など大抜擢を受け、その勢いは留まる事を 知らない。2014年春には2nd ALBUMの発売、7月には全国ツアーも予定され、各所で話題沸騰中!!あなたのイライラは今、歌となる。

 

 
– TOKYO HEALTH CLUB

TSUBAME、JYAJIE、DULLBOY、SIKK-Oからなる4人組。コロコロコミックの新解釈により誕生した、なんともいやらしいヒップホップグループである。

 

 
– ALYN

House/Technoを中心に、独創的かつ繊細でストーリー性のあるジャンルレスなプレイで国内外で活動中。2009年には、ユニバーサルミュージックジャパンより、デビューミックスアルバム”HEEL DANCE JAPONESQUE”をリリース。多くのアーティストから、本作品のために書き下ろされた楽曲を提供され、大きな話題を呼んだ。近年では、ドローイング/コラージュ作品なども発表し、プロダクトデザインの提供も行うなど、ジャンルレスに活動の幅を広げ続けている。
 

 
– YOSA

高校時代をフランス、イギリスで過ごし、帰国と共にそのキャリアを開始。2008年、若干19歳でのデビュー以降、その楽曲がJosh Wink、Guy Gerber、Joris Voorn、Larent Garnierといったビッグネーム達から絶大なサポートを得る他、問答無用のトップレーベルKompaktや、ハウスの殿堂Ministry of Sound、Defectedにライセンスを受ける。 2011年にはドイツのエージェンシーSweat Lodge Agency所属の唯一の日本人アーティストとして、ベルリン、フランクフルト、チューリッヒなど5都市においてヨーロッパツアーを敢行。2013年よりMASAYASU、WASHIOとともに「ANDY」をスタートし、2014年7月には待望のファーストアルバム「Magic Hour」をリリース。